タグ別アーカイブ: リコピン

リコピンに脂肪燃焼の効果なし

一時期話題になったリコピン。
トマトなどに含まれている成分ですが、食べることで、しみやソバカスを抑える効果がある。何よりも私が注目したのが「脂肪燃焼効果」。

2~3ヶ月以上、トマトを毎日食べていたと思います。
でも、実際は全く効果がありませんでした。

最近になり、試験レベルで、まったく脂肪燃焼の効果が無いことがわかっています・・・。
どうして一時期話題になったのでしょうかね?

リコピンは活性酸素を効率よく分解し、しかもその能力はビタミンEやグルタチオンよりも高いというデータは出ているそうです。

そういうことなら、リコピンはヒトの慢性病のリスクを低下させるのでは?でも、リコピン摂取によって心臓病、ガン、糖尿病、こうつ粗しょう症のリスクが低下するという期待された結果は得られていないそうです・・・。

リコピンの抗酸化作用が脂肪燃焼を助けるデータも出ていないそうです。

同じ野菜である唐辛子に含まれる辛味成分おカプサイシンにはダイエット効果はあるそうです。実験でも認められれいます。カプサイシンが代謝を促進することで脂肪を燃やす。痩せられるとのこと。

たしかに、唐辛子を食べると、体温は上がらないにもかかわらず、体に全体がホカホカする。

それはカプサイシンは交感神経を刺激して副交換からアドレナリンやノルアドレナリンを放出させ、発汗を促すから。

ラットなどを使った動物実験では、カプサイシン摂取に脂肪燃焼が促進されるかもしれないとの報告が出ています。人に有効だとは説明されていないそうです。

そのために、健康を求めてトマトを食べるのはいいと思いますが、ダイエット目的は意味がありませんね。