タグ別アーカイブ: ゆっくり噛む

ゆっくり噛むだけで体脂肪率カット

私は、脂質量を減らすために、オーリスタットを服用しています。
オーリスタットは、脂質を30%カットしてくれるために、脂質量の多い肉や糖分を沢山食べるときには欠かせない医薬品。

しかし、副作用で「おなら、下痢」がおこるために、食事量が少ない時は服用しないようにしています。

この食事の量が少ない時に私がこだわっているのが、口の中に入れた食べ物に対して、よくかんで食べることです。カムことで、オーリスタットほどの脂肪カットする効果はありませんが、それでもある程度の効果は期待できるために、毎日行っています。

「よく噛む」といっても、それぞれの噛み方があると思いますが、口の中に食べ物をいれると、約20~30回噛むようにしています。

他のページでも少し話したのですが、食べ物にたいして、時間をかけてゆっくりと噛むことで、小腸に血液を送る動脈の血液量が増えるために、脂肪燃焼が期待できます。

それから、食後の血糖値が上昇し、インスリンが分泌され、満腹中枢が刺激されて、満腹感が得やすい上、満足感が長く続くのも一つのメリットになると思います

時間をかけて噛むことで、食べ物は細かに砕かれ、唾液もよく交じり合うし、美味しく味合うほど胃酸の分泌にも良くなるために、ダイエットだけでなく、健康的にも期待できます。

たしかに、よく噛むことで、1食あたり15~20分程度掛かりますが、脂肪燃焼や健康のことを考えると大切な次官になると思います。

逆に、急いで食べると、消化も悪いし、消費カロリーが増えてしまい、結果的に太る原因になってしまいます。