食べるときはゆっくりと

「食べるのが早い人は太るというのは本当かもしれない。」
おなかが減ると、目の前に食べ物がアレば急いで食べたくなる。でも、じつはこれが太りやすくなる原因になります。

最新の研究によると、よく噛んで、なおかつゆっくりと食べることで、消費カロリーが増えることがわかっています。同じ量のものを食べたとしても、急いで食べたり、カム回数が少ないとカロリーが高くなる。逆に、ゆっくりと、たくさん噛むことで痩せることが期待できる。
急いで食べるよりも、ゆっくりと食べたほうが食後の消費エネルギーが多いことがわかっていますが、ポイントとしては噛む回数です。

昔から、食べ物を噛むときはたくさん噛むようにと教えられました。これは、胃や腸でちゃんと消化するため。しかし、ゆっくりと噛む回数を増やすことで、消化し、血液を送る動脈の血流量が増え、その結果として、食事の誘発性燃焼率が高まることが最近になりわかったそうです。

一回の食事の後に消費されるカロリーは小さく、一年間積み重ねることで、1~2kg分も消費することができるそうです。

たかがおにぎり一個でも、食べるのが遅い日徒歩と体脂肪率が低い経口があるそうです。おにぎりは1個で約174カロリーありますが、3~4分ほどゆっくりと食すことで、約30~45%の体脂肪率が見られたそうです。
ゆっくりと噛む回数を増やすだけで、運動もせず、汗をかかなくて体重ば減るのはダイエットを考えている人には重要な事になるかと思います。