アルコールとおつまみとの関係を考えること

オーリースタットの役割としてはリパーゼの作用を働かせないことです。そのために、脂肪の多い食品を食べた時でも、そこまで体重を考えることなくガッツリと食べることができます。

フライドポテトやピザ、唐揚げなど、今までだったら、太ることが影響していたために遠慮しがちだったけど、食事中や食後にオーリースタットを服用すれば30%の脂肪をカットしてくれます。

ただし、アルコールを分解することはできないために、毎日のようにたくさんの無人には注意が必要です。

アルコールを飲むことで体重が増えたり、脂肪に変わることはありませんが、過剰に飲み過ぎることが問題です。

そのために、1日の量を決めたり、休肝日を意識しておきたいところです。それから、酒と一緒に揚げ物を食べると、食欲が増進しがちになるし、味の濃いおつまみを食べるとのどが渇いて余計に飲みたくなり悪循環が起こってしまいます。

おつまみを選ぶときは、低カロリーで高タンパク質の枝前や、冷奴、刺し身などがおすすめです。お酒に合うと思いますし、栄養分も高いですし、脂肪も少ないですから。

そしてお酒を呑む場合は適量を守ることです。大人のお酒のたしなみ方としては両閭里室を重視してみてはいかがでしょうか?

日本人に多いのがビールですが、たしかにビールは美味しいのですが、肝臓に対する負担も大きいし、太る原因にもなります。

たまにはビールを控えて、ウイスキーや日本酒の酔を楽しむのも良いのではないでしょうか。

お見たくなる悪循環に苛ま割れてしまいますので、おつまみなどは